〜NoRun NoLife〜

【振り返り】出雲駅伝2021 駒澤大学

総合結果

区間 名前 学年 区間タイム 区間順位
1区 篠原 倖太朗 1 0:23:57 8
2区 安原 太陽 2 0:16:22 3
3区 花尾 恭輔 2 0:24:54 4
4区 唐澤 拓海 2 0:19:42 8
5区 赤津 勇進 2 0:20:16 10
6区 田澤 廉 3 0:29:42 2

コメント

1区

  • 1年生に3大駅伝開幕のスターターをを任せ
  • 優勝候補のエース相手に16秒差なら御の字
  • この暑さの中よく粘った
  • 日本インカレでの結果は偶然ではなかったことを証明
  • 本人としてはもう少し上でのタスキ渡しをと考えていただろうが
  • このコンディションでデビュー戦を考えると出だしとてはクリア

2区

  • 当日変更で区間エントリー
  • 後ろからグイグイ追い上げてきた走りは
  • 近日の記録会で出したタイム通り調子の良さを見せてくれた
  • 前半飛ばしてきたため後半離されたのは課題
  • 最後トップ集団で来れていればは求めすぎか

3区

  • 安定の花尾選手に
  • エース区間を区間4位にまとめ上げる
  • トップとは離されたが
  • 早稲田太田選手と同タイムでの走りも評価
  • 全日本7区箱根9区を任せれる選手に成長

4区

  • 誤算区間に
  • 3本柱の1人が4区に回ざるを得ない時点で
  • 本調子ではないことは分かっていたが
  • ここまで本調子とは程遠い走りになるとは想定外
  • 3区までいい位置できて
  • これから追い上げ体制スタートのところで
  • つまずいてしまった
  • コンディションに問題があるのか
  • ロードは苦手か
  • 3本柱というには少し早かったか
  • これからの巻き返しに期待

5区

  • 4区の悪い流れを引き継ぐ形に
  • 区間二桁が一つでも出てくると
  • 優勝争いは厳しい
  • 黄金世代のメンバー並べても
  • ここまで苦戦するとは想定外

6区

  • さすがの一言
  • 8位からの追い上げも
  • 最後中谷選手を引き離したところも
  • 最初飛ばしすぎかなと感じたが
  • やはりそこは学生界のエース
  • 最後まで粘り強い走りで1人気を吐いた

総括

  • 駅伝は本当に流れが大事だなと
  • そしてトラックの記録で勝負が決まるわけでないことも
  • そしてエースに頼るチームでもダメだということも
  • 主軸が一人欠けても優勝候補だったが
  • ここまでの苦戦は想定外
  • ただ全日本からが駒澤の本領発揮もあるので
  • 芽吹選手が戻ってきて本来の駒澤の強さが全日本から観れるか

MVP

  • 田澤選手
  • やはりというかキャプテンとして
  • 優勝は難しくもしっかり順位を上げる走りを
  • 最後粘れるかというところも
  • しっかり粘ってきたので地力がしっかりついてきた
  • 全日本へ向けてキャプテンとしてどう立て直してくるか
  • キャプテンシーに注目

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。