〜NoRun NoLife〜

【振り返り】出雲駅伝2021 早稲田大学

総合結果

区間 名前 学年 区間タイム 区間順位
1区 菖蒲 敦司 2 0:23:45 2
2区 井川 龍人 3 0:16:25 6
3区 太田 直希 4 0:24:54 4
4区 石塚 陽士 1 0:18:40 1
5区 伊藤 大志 1 0:20:28 12
6区 中谷 雄飛 4 0:30:48 6

コメント

1区

  • 出雲1区は早稲田にとっての鬼門区間
  • 不安と期待と入り混じるスタート前だったが
  • トップと秒差でのタスキ渡しは上出来
  • 今年好調なトラックでの走りはロードでも
  • 仕事をきっちり遂行
  • この時点で早稲田くるかと本当に思った
  • 1区さえ乗り切ればと

2区

  • やはり本調子でない感じが
  • 顔は淡々と走っているように見えたが
  • 肝心の走りが乗ってこない
  • 春先のトラックシーズンからイマイチ波に乗れていないのが
  • この出雲にも
  • これからの巻き返しに期待
  • ここでトップに立ち差を広げる思惑が崩れた

3区

  • 27分台ランナーを並べてきたが
  • 丹所選手はさておき佐藤選手に離されるようではきつい
  • 力てきには佐藤選手よりも1段階上だから
  • ここで一気に波に乗れなかったのは
  • やはりコンディションが整っていないからか
  • この時点で優勝の目はないに等しくなってしまった
  • それでもエース区間で4位にまとめ上げるのは地力がある証拠
  • コンディション調整に力を注力

4区

  • 最大のサプライズ
  • 記録会13分台に乗せてきたとはいえ
  • 1500mのイメージがあったからこそ
  • この距離に対応できるか不安しかなかったが
  • 同級生若林選手をちぎって
  • なおかつ区間賞とは
  • これからの駅伝も楽しみに
  • 伊藤選手とのダブルエースに成長してもらえると
  • 来年2年後に再度早稲田の時代がくる

5区

  • 最大の誤算区間
  • 石田選手との高校歴代1位2位対決は
  • 圧倒的な差で完敗
  • 石田選手に並ばれて残り1kmちょっとで1分離された計算に
  • 脱水になっていたのか
  • 佐久長聖出身だけに本人のインタビューにもあったとおり
  • 暑さは苦手か
  • 区間二桁になるような選手ではないので
  • 今後の挽回に期待

6区

  • 大エースに最後を託すイメージだったが
  • 逆に差を広げられる展開に
  • 田澤選手に1分近い差をつけられている状況は
  • やはりコンディション調整と
  • 怪我の影響でうまく走れていないことが
  • そのまま結果に影響した
  • 平林選手にも負けたのはかなり痛い
  • エースの復活なくして早稲田復権はない

総括

  • 鬼門の1区を乗り越えただけに2区以降
  • 流れに乗れる駅伝にならず残念
  • ただ菖蒲選手石塚選手と若い力が躍動し
  • 新戦力として計算できるようになったのは嬉しいこと
  • あとは主力の復活が待たれる

MVP

  • 菖蒲選手
  • 区間賞の石塚選手と言いたいところだが
  • 鬼門の1区をトップと秒差の2位はMVPの走り
  • しかも青学のエース近藤選手のスパートにしっかり対応したあたりは
  • 地力がついた証拠
  • 全日本では昨年のリベンジに期待したい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。