〜NoRun NoLife〜

日本選手権女子10000m 名勝負プレイバック2018年

総合結果

順位 名前 所属 タイム
1 松田 瑞生 ダイハツ 31:52.42
2 鈴木 亜由子 JP日本郵政G 31:57.82
3 堀 優花 パナソニック 32:05.52
4 森田 香織 パナソニック 32:15.14
5 一山 麻緒 ワコール 32:18.31
6 高島 由香 資生堂 32:18.59
7 筒井 咲帆 ヤマダ電機 32:18.70
8 加藤 岬 九電工 32:35.93
9 岡本 春美 三井住友海上 32:43.65
10 棟久 由貴 東京農業大 32:48.07
11 井上 彩花 大塚製薬 33:09.27
12 上原 美幸 第一生命グループ 33:20.43
13 松田 杏奈 京セラ 33:25.14
14 関谷 夏希 大東文化大 33:27.23
15 池満 綾乃 鹿児島銀行 33:30.39
16 野添 佑莉 三井住友海上 33:40.16
17 松下 菜摘 天満屋 33:40.52
18 藤田 理恵 京セラ 34:32.02
19 関野 茜 埼玉陸協 34:32.78
DNS 矢野 栞理 キヤノン
DNS 西原 加純 ヤマダ電機

動画

ラップタイム

距離 ラップタイム
1000m 3:20
2000m 3:14
3000m 3:13
4000m 3:13
5000m 3:12
6000m 3:11
7000m 3:11
8000m 3:13
9000m 3:03
10000m 3:02

まとめ

レース展開
  • 松田VS鈴木の第2ラウンドとなった2018年
  • 松田の2連覇なるか鈴木のリベンジなるか注目の一戦
  • レース後半まで3:10を超えるゆったりとしたペースに
  • 例年先頭を引っ張ることが多かった鈴木は今回は集団半ばで力を温存
  • 6000mで先頭集団は10人の大きい集団に
  • ここで鈴木が3番手に上がり松田の後ろにつく
  • 残り5周で先頭集団は堀松田鈴木一山の4名に
  • 8200m手前鈴木が一気にペースアップ
  • 昨年ラストの直線で敗れた教訓を生かし早めに仕掛けリードを広げる戦略で
  • ラスト1周松田との差が少し広がる鈴木有利か
  • ラスト200m松田が渾身のスパートで鈴木との差を一気につめる
  • 100m手間でついに鈴木をとらえ勝負あり
  • 松田のラストのスパート力に完敗となった鈴木
  • 2年続けてのマッチレースは見応えあるレースになった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。