〜NoRun NoLife〜

東日本実業団駅伝2020 順位変動から見る分析

順位変動

チーム 1区 2区 3区 4区 5区 6区 7区
富士通 1 2 1 1 1 1 1
GMO 2 4 2 3 2 2 2
Honda 4 5 3 2 3 3 3
ヤクルト 7 3 5 6 6 6 4
日立物流 5 6 4 4 5 4 5
カネボウ 3 1 6 5 4 5 6
JR東日本 15 13 11 7 8 8 7
コニカ
ミノルタ
8 8 8 8 7 7 8
サン
ベルクス
9 10 10 11 11 9 9
埼玉医科
大学G
17 9 13 12 10 10 10
NDソフト 19 11 7 9 9 11 11
コモディ
イイダ
6 12 12 13 12 12 12
八千代
工業
11 18 18 17 16 15 13
プレス
工業
10 14 14 14 13 13 14
小森コーポ
レーション
18 15 16 16 15 14 15
警視庁 13 17 15 15 14 16 16
自衛隊
体育学校
16 16 17 18 17 17 17
ラフィネ 14 19 19 19 18 18 18
新電元工業 20 20 20 20 19 19 19
NTT東京 21 22 22 22 20 20 20
TRACK TOKYO 22 21 21 21 21 21 21
JP
日本郵政
23 23 23 23 23 22 22
SUBARU 12 7 9 10 22 23 23

まとめ

まとめ
  • 終始先頭を譲らずGMOとの競り合いを制した富士通がリベンジのニューイヤーへ
  • GMOは惜しくも優勝へは届かなかったが2年目での優勝へ着実に成長
  • Hondaは設楽選手で勢いつけたかったところだが本調子ではなく区間2位で追い上げならず
  • エース区間3区は設楽啓太選手が区間賞獲得
  • 来月の福岡国際へ向けてトラックからロードと着実に結果を残してきている
  • 3強を追うヤクルトはエースがエースの走りもう1枚2枚揃えば優勝争いにも
  • 1区松村選手で好スタートを切ったコモディが2年連続のニューイヤーへ
  • 埼玉医科大学Gが初のニューイヤーへ後半区間耐えて初の切符
  • サンベルクス強しコモディとのスーパーマーケット対決制す
  • SUBARUアクシデントに泣く
  • 八千代工業プレス工業小森コーポレーションと常連チームがニューイヤーで見れない
  • 新たなチームが駅伝強化に入り常連チームが今までのように結果が出せなくなってきている流れは実業団も同じ
  • 富士通GMOが一つ抜けている感
  • ここに旭化成トヨタが絡んでの4強になるニューイヤー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。