〜NoRun NoLife〜

日本選手権2020 男子10000mエントリーリストとベストタイム一覧

No 名前 所属 資格タイム ベスト
1 コエチ 九電工 27:02.39 27:02.39
2 カンディエ 三菱重工 27:20.34 27:20.34
3 鈴木 健吾 富士通 27:49.16 27:49.16
4 モゲニ 旭化成 27:51.99 27:51.99
5 設楽 悠太 Honda 27:53.67 27:41.97
6 相澤 晃 旭化成 27:55.76 27:55.76
7 西山 雄介 トヨタ自動車 27:56.78 27:56.78
8 田村 和希 住友電工 27:57.14 27:57.14
9 大迫 傑 Nike 27:57.41 27:38.31
10 河合 代二 トーエネック 27:58.13 27:58.13
11 伊藤 達彦 Honda 27:58.43 27:58.43
12 鎧坂 哲哉 旭化成 28:03.93 27:29.74
13 西山 和弥 東洋大 28:03.94 28:03.94
14 茂木 圭次郎 旭化成 28:06.51 28:06.51
15 井上 大仁 三菱重工 28:08.10 27:56.27
16 鈴木 祐希 カネボウ 28:08.27 28:08.27
17 佐藤 悠基 SGH 28:08.34 27:38.25
18 小椋 裕介 ヤクルト 28:08.80 28:08.80
19 今井 篤弥 トヨタ自動車九州 28:09.19 28:09.19
20 池田 耀平 日本体育大 28:10.57 28:10.57
21 丸山 竜也 八千代工業 28:10.59 28:10.59
22 藤曲 寛人 トヨタ自動車九州 28:10.79 28:10.79
23 大石 港与 トヨタ自動車 28:10.92 27:48.56
24 鈴木 洋平 愛三工業 28:11.20 28:11.20
25 天野 誠也 自衛隊体育学校 28:11.55 28:11.55
26 ワイザカ ヤクルト 28:11.63 27:13.01
27 荻久保 寛也 ヤクルト 28:11.64 28:11.64
28 改木 悠真 トヨタ自動車九州 28:11.76 28:11.76
29 延藤 潤 マツダ 28:12.37 28:12.37
30 大池 達也 トヨタ紡織 28:12.55 28:12.55
31 村山 謙太 旭化成 28:13.08 27:39.95
32 鈴木 塁人 SGH 28:13.12 28:13.12
33 田澤 廉 駒澤大 28:13.21 28:13.21
34 青木 祐人 トヨタ自動車 28:13.54 28:13.54
35 村山 紘太 旭化成 28:13.84 27:29.69
36 大六野 秀畝 旭化成 28:14.23 27:46.55
37 倉田 翔平 GMO 28:14.62 28:14.62
38 今井 崇人 旭化成 28:14.65 28:14.65
39 山藤 篤司 トヨタ自動車 28:14.85 28:14.85
40 塩澤 稀夕 東海大 28:16.17 28:16.17
41 聞谷 賢人 トヨタ紡織 28:16.59 28:16.59
42 相葉 直紀 中電工 28:16.76 28:16.76
43 市田 孝 旭化成 28:18.15 27:53.59
44 川瀬 翔矢 皇學館大 28:18.25 28:18.25
45 宮脇 千博 トヨタ自動車 28:18.50 27:41.57
46 東 瑞基 愛三工業 28:19.01 28:19.01
47 湯澤 舜 SGH 28:19.05 28:19.05
48 坂田 昌駿 中央発條 28:19.27 28:19.27
49 中谷 雄飛 早稲田大 28:19.27 28:19.27
50 太田 直希 早稲田大 28:19.76 28:19.76
51 浦野 雄平 富士通 28:25.45 28:25.45
52 田村 友佑 黒崎播磨 28:29.37 28:29.37
53 鈴木 大貴 YKK 28:32.22 28:32.22
54 中村 高洋 京セラ鹿児島 28:33.76 28:33.76
55 横井 裕仁 NTN 28:45.00 28:32.30
レース展開
  • 大迫が10000mにしぼっての出場を決めたがマラソン練習での一環になる
  • ただそれでも27分台は出してくる
  • 優勝は27分台決着に
  • そうなると27分台で走れる可能性ある選手が誰か
  • 今季好調の鈴木健吾西山雄介は優勝争いに絡んでくる
  • 昨年箱根を沸かせたルーキー相澤伊藤の第2ラウンドも
  • ただ相澤の力は実業団でも上位レベル優勝候補の1人に上げられる
  • 昨年優勝の田村は今シーズン話題に出ないどれだけピーキングを持ってこられるか
  • 学生注目は田澤日本選手権優勝を目標にしているがどこまでタイムを出せるか
  • 箱根を考慮して力をセーブすることはしないはず
  • だとすると27分台を出せる力は十分にあるため優勝争いに加わってもおかしくない
  • 表彰台目標が現実的なところか
  • 旭化成勢がこぞってエントリーしている中、ニューイヤーに向けてどれだけの走りをするか
  • そして今季ここまでほぼ話題に上がってこない設楽悠太
  • 現在は兄設楽啓太が好調の今季は兄の陰に隠れている印象に
  • 少し不気味ではあるが東日本の走りを見る限り本調子からは遠い
  • どこまでコンディションを取り戻せているかにも注目したい
  • コンディション的にもタイムを狙うには絶好の時期
  • 日本記録決着になるか
  • 最初からハイペースでの展開になると面白い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。