〜NoRun NoLife〜

全日本大学駅伝2020 順位変動から各校を分析

順位変動

大学 1区 2区 3区 4区 5区 6区 7区 8区
駒澤 3 9 8 7 3 4 3 1
東海 7 17 11 6 7 1 2 2
明治 5 2 2 2 5 2 4 3
青山
学院
10 14 6 4 2 6 1 4
早稲田 6 3 1 1 1 3 5 5
東洋 9 7 7 5 4 5 7 6
帝京 18 11 5 11 9 8 8 7
順天堂 1 10 10 3 6 7 6 8
國學院 4 5 4 8 8 9 9 9
東京
国際
13 8 14 12 11 11 12 10
中央
学院
15 15 13 14 14 14 14 11
日本
体育
17 6 9 10 10 10 10 12
山梨
学院
8 12 19 15 15 16 16 13
日本大 14 16 16 16 16 13 11 14
立命館 16 13 12 13 13 12 13 15
城西 2 1 3 9 12 15 15 16
皇學館 21 4 15 18 17 18 17 17
関西
学院
24 22 17 17 18 17 19 18
びわこ
学院
22 23 23 22 21 20 20 19
広島
経済
20 19 20 21 20 19 21 20
京都
産業
12 18 18 19 19 21 18 21
信州 23 24 24 24 23 23 23 22
札幌
学院
11 21 22 20 22 22 22 23
日本
文理
19 20 21 23 24 24 24 24
東北 25 25 25 25 25 25 25 25

まとめ

まとめ
  • スロースタートになった3強は青学3区東海4区駒澤5区と駅伝初出場メンバーがしっかり流れを変えた
  • その中でも二桁順位まで落ちなかった駒澤はミスなくつないでの優勝だった
  • 東海青学は2区で予想外の順位にさすがに見ている方も焦った
  • 優勝した駒澤より終始安定していたのが明治
  • 常に上位戦線に残り一時は首位に立つ快走
  • パンチ力あるエース肺内が安定した戦力を揃えている
  • 早稲田も常に上位戦線に残り後半のメンバーが何とか耐えてのシード確保
  • エース2枚がしっかり結果を出し先行逃げ切り戦略がハマった
  • あとは千明選手吉田選手が戻ってくれば箱根も面白い
  • 青学は原監督の言うとおり凸凹レース
  • 1区間快走していい流れになったかと思いきや次の区間で落とす流れがつながらない青学らしくない駅伝
  • 吉田選手はピーキング誤ったか
  • 40秒の貯金をもらった時点でたとえ相手が名取選手田澤選手でも逃げきれると誰もが思ったはず
  • それが10km程で追いつかれるとは想定外すぎた
  • さらに明治にも抜けれたのはさらに誤算
  • 想定外で言えば東洋西山選手も誤算あのメンバーの中なら首位に立って引き離せれたはず
  • 宮崎10000mで出し切った部分があったか
  • 東洋は心配された中盤区間をしっかり上位キープできアンカー宮下選手もしっかり走れた
  • やはり西山選手吉川選手の4年生2枚看板が戻ってこないと東洋の駅伝はできない
  • シード権ラインで見ると安定のシード力帝京大学さすがといったところ
  • 順天堂もルーキー三浦選手を始め野村選手とインパクトあるレースを見せてくれた
  • 予選会の疲れがあるなかしっかりシードを確保してきた
  • 國學院は藤木選手のところでシードまでしっかり入ってきたいところだったが帝京の安定力に少し及ばず
  • 日体大は2区池田選手が11人抜きの快走で見せ場を作った
  • シードを今回こそはと期待したが及ばなかった立命館
  • スタートからの悪い流れをそのまま引きずって二桁順位のままゴールまで
  • 皇學館川瀬選手は17人抜きの快走で区間賞惜しくも区間新はならず
  • 改めてスピードがはるかに向上しているためスピード強化を怠ると一瞬でシードも確保できなくなる
  • あとはミスなくつなぐこと戦国駅伝一つでもミスをしたところは勝てないことが証明された

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。